体調 に は くれぐれも。 「くれぐれも」とは?目上に人に使うと失礼?意味や漢字・類語・英語表現・「ご自愛」や「よろしく」を使った例文も紹介

に は くれぐれも 体調 に は くれぐれも 体調

1今は体調を治すことに専念して、気にせずゆっくり休んでください。 名詞として使う場合は「ものごとの良し悪しを判断すること」という意味で使います。

16
に は くれぐれも 体調 に は くれぐれも 体調

また、冬には年末年始があるため、その時期には以下のような言葉で締めると良いでしょう。

8
に は くれぐれも 体調 に は くれぐれも 体調

手術が無事に成功して本当に良かったよ。 ここで注意したいのは「お大事にされてください」という表現もあるのですが、正しい表現は「お大事になさってください」です。

7
に は くれぐれも 体調 に は くれぐれも 体調

ぜひ (副詞)心を込めて強く願う様子を表現 ぜひを漢字で書くと「」です。 たとえば「時節柄、どうかお体に気をつけてお過ごしください。

6
に は くれぐれも 体調 に は くれぐれも 体調

状況に応じて改変してお使いください。 2-2.相手の体調を気遣うとき 「くれぐれも」は 相手の体調を気遣うときにも使います。 そこで、季節で使える例文をいくつかご紹介します。

に は くれぐれも 体調 に は くれぐれも 体調

(約束の時間にはくれぐれも遅れないようにね。 1「調子はいかがですか」• 具体的には、以下のようなシーンで使います。

6