セイカツ おさる の うた 歌詞。 セイカツ 歌詞 おさるのうた ※ mail.russiantraveller.ru

おさる うた 歌詞 の セイカツ おさる うた 歌詞 の セイカツ

おさるのうた セイカツ 作詞:おさるのうた 作曲:おさるのうた 君がいない日々、生活、毎日は 僕は超えられそうにないから 何をするにも途切れ途切れ そんな生活の中で巡り会えた 行くたび立ち止まり行き止まり そんな事もなんか愛おしくて 交差する感情進む時間 孤独に潰されそうな日は多く 何を選びどこに進もう 募る期待と不安な僕 それでもどうか 食らいついて 君がいない日々生活毎日は 僕は超えられそうにないから きっといつかの日を思い後悔して また嫌になってしまうから 当たり前は偶然の連鎖で もっと沢山の歌詞は 毎日は生まれ変わりつつあって 何を見出しどこに行こう まだ幼い僕らだから それでもどうか 縋り付いて 君がいない日々生活毎日は 僕は進めそうにないから きっといつかの日を悔み俯いて またダメになってしまうから 君のいない日々生活毎日は 僕は超えられそうにないから きっといつかの日を思い後悔して また嫌になってしまうから 君がいない日々生活毎日は 僕は進めそうにないから きっといつかの日を悔み俯いて またダメになってしまうから どうか素晴らしい日に. 歌手: 作詞: 作曲: 君がいない日々、生活、毎日は 僕は超えられそうにないから 何をするにも途切れ途切れ そんな生活の中で巡り会えた 行くたび立ち止まり行き止まり そんな事もなんか愛おしくて 交差する感情進む時間 孤独に潰されそうな日は多く 何を選びどこに進もう 募る期待と不安な僕 それでもどうか 食らいついて 君がいない日々生活毎日は 僕は超えられそうにないから きっといつかの日を思い後悔して また嫌になってしまうから 当たり前は偶然の連鎖で 毎日は生まれ変わりつつあって 何を見出しどこに行こう まだ幼い僕らだから それでもどうか 縋り付いて 君がいない日々生活毎日は 僕は進めそうにないから きっといつかの日を悔み俯いて またダメになってしまうから 君のいない日々生活毎日は 僕は超えられそうにないから きっといつかの日を思い後悔して また嫌になってしまうから 君がいない日々生活毎日は 僕は進めそうにないから きっといつかの日を悔み俯いて またダメになってしまうから どうか素晴らしい日に. 君 きみがいない 日々 ひび、 生活 せいかつ、 毎日 まいにちは 僕 ぼくは 超 こえられそうにないから 何 なにをするにも 途切 とぎれ 途切 とぎれ そんな 生活 せいかつの 中 なかで 巡 めぐり 会 あえた 行 いくたび 立 たち 止 とまり 行 ゆき 止 とまり そんな 事 こともなんか 愛 いとおしくて 交差 こうさする 感情進 かんじょうすすむ 時間 じかん 孤独 こどくに 潰 つぶされそうな 日 ひは 多 おおく 何 なにを 選 えらびどこに 進 すすもう 募 つのる 期待 きたいと 不安 ふあんな 僕 ぼく それでもどうか 食 くらいついて 君 きみがいない 日々生活毎日 ひびせいかつまいにちは 僕 ぼくは 超 こえられそうにないから きっといつかの 日 ひを 思 おもい 後悔 こうかいして また 嫌 いやになってしまうから 当 あたり 前 まえは 偶然 ぐうぜんの 連鎖 れんさで 毎日 まいにちは 生 うまれ 変 かわりつつあって 何 なにを 見出 みだしどこに 行 いこう まだ 幼 おさない 僕 ぼくらだから それでもどうか 縋 すがり 付 ついて 君 きみがいない 日々生活毎日 ひびせいかつまいにちは 僕 ぼくは 進 すすめそうにないから きっといつかの 日 ひを 悔 くやみ 俯 うつむいて またダメになってしまうから 君 きみのいない 日々生活毎日 ひびせいかつまいにちは 僕 ぼくは 超 こえられそうにないから きっといつかの 日 ひを 思 おもい 後悔 こうかいして また 嫌 いやにになってしまうから 君 きみがいない 日々生活毎日 ひびせいかつまいにちは 僕 ぼくは 進 すすめそうにないから きっといつかの 日 ひを 悔 くやみ 俯 うつむいて またダメになってしまうから どうか 素晴 すばらしい 日 ひに 君 kimi がいない gainai 日々 hibi、 生活 seikatsu、 毎日 mainichi は ha 僕 boku は ha 超 ko えられそうにないから eraresouninaikara 何 nani をするにも wosurunimo 途切 togi れ re 途切 togi れ re そんな sonna 生活 seikatsu の no 中 naka で de 巡 megu り ri 会 a えた eta 行 i くたび kutabi 立 ta ち chi 止 to まり mari 行 yu き ki 止 to まり mari そんな sonna 事 koto もなんか monanka 愛 ito おしくて oshikute 交差 kousa する suru 感情進 kanjoususu む mu 時間 jikan 孤独 kodoku に ni 潰 tsubu されそうな saresouna 日 hi は ha 多 oo く ku 何 nani を wo 選 era びどこに bidokoni 進 susu もう mou 募 tsuno る ru 期待 kitai と to 不安 fuan な na 僕 boku それでもどうか soredemodouka 食 ku らいついて raitsuite 君 kimi がいない gainai 日々生活毎日 hibiseikatsumainichi は ha 僕 boku は ha 超 ko えられそうにないから eraresouninaikara きっといつかの kittoitsukano 日 hi を wo 思 omo い i 後悔 koukai して shite また mata 嫌 iya になってしまうから ninatteshimaukara 当 a たり tari 前 mae は ha 偶然 guuzen の no 連鎖 rensa で de 毎日 mainichi は ha 生 u まれ mare 変 ka わりつつあって waritsutsuatte 何 nani を wo 見出 mida しどこに shidokoni 行 i こう kou まだ mada 幼 osana い i 僕 boku らだから radakara それでもどうか soredemodouka 縋 suga り ri 付 tsu いて ite 君 kimi がいない gainai 日々生活毎日 hibiseikatsumainichi は ha 僕 boku は ha 進 susu めそうにないから mesouninaikara きっといつかの kittoitsukano 日 hi を wo 悔 kuya み mi 俯 utsumu いて ite また mata ダメ dame になってしまうから ninatteshimaukara 君 kimi のいない noinai 日々生活毎日 hibiseikatsumainichi は ha 僕 boku は ha 超 ko えられそうにないから eraresouninaikara きっといつかの kittoitsukano 日 hi を wo 思 omo い i 後悔 koukai して shite また mata 嫌 iya にになってしまうから nininatteshimaukara 君 kimi がいない gainai 日々生活毎日 hibiseikatsumainichi は ha 僕 boku は ha 進 susu めそうにないから mesouninaikara きっといつかの kittoitsukano 日 hi を wo 悔 kuya み mi 俯 utsumu いて ite また mata ダメ dame になってしまうから ninatteshimaukara どうか douka 素晴 suba らしい rashii 日 hi に ni. 掴んだバラバラの反証 絢爛豪華 妬む海底溢れ出す 繋いで感嘆する愛情 極彩色の再生 思い出せ 世間体 虎視眈々と酩酊 冷静沈着且つ大胆に動き出す 染まらない君は有言実行 風前の灯 浮かぶ影 映し出していく記憶の中 息を吐く様に吸い込まれていく 溺れそうな程秋風が舞い サヨナラ 唄うよ つまりはそう優越感飲み干して 明日へ向かう想像力が生命を いつだって 紡いで戻れない 落ちるまでわからない 形なんて大体 月日流れ苛まれていつの日だって最大風力で 線形を重ねた上で原型を 留めてない言葉の渦 意味の無い様なフィクションは愛され 塗り潰しても白以外はなんで? 俯き雲が呆れ顔で サヨナラ 唄うよ つまりはそう優越感飲み干して 明日へ向かう想像力が生命を いつだって 紡いで戻れない 強くなんてないよ僕は いつだって君に笑われるの 求めてなんかないって言ったら嘘になるから 一心不乱に向かっていくだけ 風に吹かれて 色を運ぶ命よ 揺らいだ朝焼けは 夕闇に溶かして. 君がいない日々、生活、毎日は 僕は超えられそうにないから 何をするにも途切れ途切れ そんな生活の中で巡り会えた 行くたび立ち止まり行き止まり そんな事もなんか愛おしくて 交差する感情進む時間 孤独に潰されそうな日は多く 何を選びどこに進もう 募る期待と不安な僕 それでもどうか 食らいついて 君がいない日々生活毎日は 僕は超えられそうにないから きっといつかの日を思い後悔して また嫌になってしまうから 当たり前は偶然の連鎖で 毎日は生まれ変わりつつあって 何を見出しどこに行こう まだ幼い僕らだから それでもどうか 縋り付いて 君がいない日々生活毎日は 僕は進めそうにないから きっといつかの日を悔み俯いて またダメになってしまうから 君のいない日々生活毎日は 僕は超えられそうにないから きっといつかの日を思い後悔して また嫌になってしまうから 君がいない日々生活毎日は 僕は進めそうにないから きっといつかの日を悔み俯いて またダメになってしまうから どうか素晴らしい日に.。

16
おさる うた 歌詞 の セイカツ おさる うた 歌詞 の セイカツ

。 。 。

おさる うた 歌詞 の セイカツ おさる うた 歌詞 の セイカツ

。 。

20
おさる うた 歌詞 の セイカツ おさる うた 歌詞 の セイカツ

。 。 。

19
おさる うた 歌詞 の セイカツ おさる うた 歌詞 の セイカツ

20
おさる うた 歌詞 の セイカツ おさる うた 歌詞 の セイカツ

。 。

11