ルイ 14 世 弟。 『太陽王』と恐れられた「ルイ14世」の生涯って?わかりやすく解説!

14 世 弟 ルイ 14 世 弟 ルイ

の植民地が拡大され、(カナダ)やアンチール諸島には総督が送り込まれて人口増殖政策とがすすめられ、ヌーベルフランスの人口は4倍に増えている。

14 世 弟 ルイ 14 世 弟 ルイ

父の最後の抵抗あってかフィリップ2世はオルレアン公位を受け継ぎ、1706年に許可が下りてスペイン継承戦争に参戦することになりました。 まさに「絶対王政」を築いたのです。 拡大政策というのは、王国の領土を拡げることですね。

12
14 世 弟 ルイ 14 世 弟 ルイ

しかし反仏同盟軍の抵抗によりルイ14世のファルツ選帝侯継承は認められなかった。 ルイ14世は恩人にしての死にを流しながらもついにの全権とを負うことを自覚しなければならなかった。 コルベールは貴族と聖職者の免税特権の廃止まではしていないが、税の徴収と運用方法を改善できた。

8
14 世 弟 ルイ 14 世 弟 ルイ

アレクサンドル・ルイ(1673年 - 1676年) - ヴァロワ公• 1683年、王妃マリー・テレーズが死去した。 ルイ14世と同じく幼くして即位したルイ15世も60年近い長い治世となった。 1689年にはにょってオランダ総督ウィレム3世がイギリス王となり、イギリスも同盟に加わる。

11
14 世 弟 ルイ 14 世 弟 ルイ

しかも、国王はまだ幼い子どもですからね。 しかし、どうもこの裏にいるのが自分の国の王女であるマリー・アントワネットだと知ると、ついに国民の怒りは沸点を迎える。

14 世 弟 ルイ 14 世 弟 ルイ

健啖であったルイ14世は晩年はに悩んでおり、こともおぼつかなくなっていた。 「シュバリエ "chevalier" 」はフランス語で「騎士」 の称号です。 ()はルイ14世の時代を「いやしいブルジョワどもの長い治世」と評している。

8
14 世 弟 ルイ 14 世 弟 ルイ

1683年に王妃が死んだあと、ルイ14世はマントノン夫人と秘密の結婚をしたのですよ。 ちょうどその頃、1688年にイングランドの王ジェームズ2世はカトリック教徒だったために議会と対立、王位を追われてフランスに亡命。

14 世 弟 ルイ 14 世 弟 ルイ

子どもながらにこうした苦難を乗り越ねばならなかった彼にとってこれらの出来事は、将来の「太陽王」としての器を備えるために必要だったのかもしれません。

18