性 の 善 なる は 猶 ほ 水 の 下 き に 就く が ごと し。 孟子

下 し に が ほ の 水 なる ごと 就く 猶 の き 善 性 は 下 し に が ほ の 水 なる ごと 就く 猶 の き 善 性 は

「また会いたいと、こちらからは望みませんが、王とお会いするのは私としても嫌ではありません。 これをとうほうにけっすれば、すなはちとうりゅうし、これをせいほうにけっすれば、すなはちせいりゅうす。

19
下 し に が ほ の 水 なる ごと 就く 猶 の き 善 性 は 下 し に が ほ の 水 なる ごと 就く 猶 の き 善 性 は

03月• 是れ豈に水の性ならんや。 此 ( こ )れ 豈 ( あ )に 山 ( やま )の 性 ( せい )ならんや。 と孟子は述べている。

14
下 し に が ほ の 水 なる ごと 就く 猶 の き 善 性 は 下 し に が ほ の 水 なる ごと 就く 猶 の き 善 性 は

それは、人間の性質が善であるから当然のことで、そこに付け入るような行動をしてしまう人間は、何かしらの環境の影響を受けてそうせざるを得なくなってしまうのである、と説いているわけです。

16
下 し に が ほ の 水 なる ごと 就く 猶 の き 善 性 は 下 し に が ほ の 水 なる ごと 就く 猶 の き 善 性 は

しかも、私は江東の子弟8千人と渡河して西進し、 今一人の帰る者も無い。

3
下 し に が ほ の 水 なる ごと 就く 猶 の き 善 性 は 下 し に が ほ の 水 なる ごと 就く 猶 の き 善 性 は

仁義 ( じんぎ )に 飽 ( あ )くを 言 ( い )ふなり。 だが、それは水の本性ではない。 人性之善也、猶水之就下也。

16
下 し に が ほ の 水 なる ごと 就く 猶 の き 善 性 は 下 し に が ほ の 水 なる ごと 就く 猶 の き 善 性 は

彼 將 ( ま )た曰ん、 位 ( くらゐ )に在るが 故 ( ゆゑ )なり。 民本 [ ] 孟子は領土や軍事力の拡大ではなく、人民の心を得ることによって天下を取ればよいと説いた。 の言葉では、善が水の流れのような自然現象に喩えられています。

下 し に が ほ の 水 なる ごと 就く 猶 の き 善 性 は 下 し に が ほ の 水 なる ごと 就く 猶 の き 善 性 は

章句下(38章句) その後、『孟子』は朱子学の始祖である朱熹により、 四書五経の「四書」の一つと位置づけられました。

下 し に が ほ の 水 なる ごと 就く 猶 の き 善 性 は 下 し に が ほ の 水 なる ごと 就く 猶 の き 善 性 は

答え: 手でたたいて飛ばせば、額の高さを超えさせることができ、せき止めて逆流させれば、山の上に流れさせることもできること。 以 ( もつ )て 美 ( び )と 爲 ( な )すべけんや。 それに対して孟子は、 敢えて請わざるのみ。

10
下 し に が ほ の 水 なる ごと 就く 猶 の き 善 性 は 下 し に が ほ の 水 なる ごと 就く 猶 の き 善 性 は

それを四端の説や、王道政治、性善説、人の性質は水で喩えられると、様々な切り口で語っています。 だから、善も悪も、私たちは両方持っているのだ、と主張した告子。