お 聞かせ 願い たく 存じ ます。 「教えてください」ビジネス文書文例集

聞かせ 願い ます お たく 存じ 聞かせ 願い ます お たく 存じ

「頂く」と「いただく」の違い 「イタダク」という言葉を、口頭で使う分には良いのですが、メールや文章の中で使うときに「頂く」と「いただく」で書き方を迷うことがあります。 言い換え表現を使いこなせば、上司や取引先からは知的に見られ好印象です。

聞かせ 願い ます お たく 存じ 聞かせ 願い ます お たく 存じ

シーンによって使い分けてみてください。 「指摘」は何でも取り上げるわけではなく、主に対象は問題になります。

20
聞かせ 願い ます お たく 存じ 聞かせ 願い ます お たく 存じ

「気が乗る時でいいので」という柔らかいニュアンスの表現です。 ただし、使い時はビジネスメールに限られます。 お忙しいところ恐縮ですが、なにとぞご承引くださいますよう お願い申し上げます。

7
聞かせ 願い ます お たく 存じ 聞かせ 願い ます お たく 存じ

こちらにはへりくだる意味合いは少なく、初対面でない人や同僚との会話する場合に合っているでしょう。

16
聞かせ 願い ます お たく 存じ 聞かせ 願い ます お たく 存じ

ただ一般的には自分が依頼する場合は、 題名には「〇〇の依頼」とは使いますが、本文の中では 「〇〇をお願いいたします」「お願い申し上げます」 「〇〇していただけないでしょうか」 「〇〇していただいてよろしいでしょうか」 などを使うほうが多く、あえて「依頼」を使う事は少ないです。 もう一つの言い換え表現として「お願いできればと思います」という言葉もあります。 特に、相手に対して「メールで連絡をください」と伝えたいときに「ご一報」を使うと大変スムーズな文章になるので便利です。

18
聞かせ 願い ます お たく 存じ 聞かせ 願い ます お たく 存じ

まとめ 「~いただきたく存じます」自体は二重敬語ではないため、そのまま用いても失礼には当たりません。 そのため、 「I would be grateful if you could ~」「Would you be willing to ~」という表現も覚えておきましょう。 ぜひともお願いしたいとか、都合を聞かせて欲しいなら「ご意向をお聞かせください」などの依頼を補足しましょう。