デュエプレ 天門。 デュエプレ デッキ解説「カチュアシュート」|おこさん|note

天門 デュエプレ 天門 デュエプレ

登場して以来どんどん強化され続け、かれこれ4期連続で環境トップを突っ走っているデッキである。 こいつらを積める【赤白速攻】は、今のカードプールで組める構成では間違いなく最速である(赤緑、赤黒よりも速い)。

11
天門 デュエプレ 天門 デュエプレ

目玉カードとなったのは《聖霊王アルファディオス》や《悪魔神ドルバロム》、そして《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》という強力なフィニッシャーの他、デュエプレ版にて大幅なバフを貰った《クリスタル・ツヴァイランサー》でした。

14
天門 デュエプレ 天門 デュエプレ

getElementsByTagName "body" [0]. トリガー枚数が少ないデッキのため、手札に来た「天門」を速攻デッキ対策にシールドへ仕込むためのカード。 相手の手札を全て捨てさせる強力なハンデスカード。 正直、メジャーデッキに分類しても良い気はする。

天門 デュエプレ 天門 デュエプレ

上記の動きが必ず決まれば何も書くことは無いのですが,そう上手くは行きません。 相手のアンタップクリーチャーを破壊するコントロール性能も併せ持つ。 ヘリオスを出すかどうかの判断は,対ブリザードにおいては相手の打点数が足りているかどうか(+次のターンの進化速攻でリーサル),対青単においてはアクアガードが1枚絡んだ場合にツヴァイが出てくるかどうかで判断します。

5
天門 デュエプレ 天門 デュエプレ

マナゾーンの文明が5色揃っていれば、パワー18000とシールドを4枚ブレイクできる性能を得る超大型ブロッカー。 弱点はリソースを取るカードがほとんど無いこと。

9
天門 デュエプレ 天門 デュエプレ

破壊されても手札に戻るブロッカーでありS・トリガー獣。

17
天門 デュエプレ 天門 デュエプレ

10
天門 デュエプレ 天門 デュエプレ

こちらは 【白黒アウゼス】として、フィニッシャーに《聖霊王エルフェウス》、《聖霊王アルファディオス》などを採用することになります。 さらに【天門】側も、フィニッシュ手段が《ボルバルザーク》から《》に移ったことで、フィニッシャー以外でブレイク数を用意する必要がなくなってしまった。 山札から進化を確定サーチ出来るこのカードは、今なお現役だった《ダイヤモンド・ブリザード》の安定性を大きく高めました。

天門 デュエプレ 天門 デュエプレ

「ボルメテウス」同様シールド焼却能力を持ちながら、除去をされると相手の手札を全て捨てさせる天敵。 デッキアウト負けがなくなっただけではなく、1ゲーム中に出せるブリザードの枚数が増えたことで、継続的な攻めが可能になります。