妊娠 中 ビタミン a。 妊婦はビタミンAの過剰摂取に注意!上限量や注意すべき食べ物、上手な摂り方を紹介

中 ビタミン a 妊娠 中 ビタミン a 妊娠

妊娠中に摂りすぎないほうが良い栄養素の代表が「ビタミンA」で、過剰摂取すると胎児の催奇形性などのリスクがあります。 肉類 豚レバー、鶏レバー、牛レバーなどの肝臓類 内臓類は、さまざまなビタミンが多く含まれる、優秀なビタミン供給源です。 厚生労働省では、妊娠中には1日7. ビタミンPは、 ビタミンCの吸収や適切に働くのに必要なので、 ビタミンCと一緒に摂ることが最適です。

2
中 ビタミン a 妊娠 中 ビタミン a 妊娠

朝食に便利なシリアルの中には、ビタミンAが配合されたものも多くあります。 体が作られるのに必要なビタミンなので、 赤ちゃんの成長にも欠かせないですね。 レバーのレチノール含有量はとくに多いため、妊娠初期は控えたほうが良いでしょう。

中 ビタミン a 妊娠 中 ビタミン a 妊娠

ビタミンCや食物繊維などの成分は、ジュースにする際の工程で減少してしまいますが、野菜の色素であるカロテノイドはほとんど失われません。 そして、妊娠中期から後期によく起こるトラブルといえば便秘。 その多くが赤ちゃんの健康状態の心配だと思います。

4
中 ビタミン a 妊娠 中 ビタミン a 妊娠

葉酸はビタミンB群の水溶性ビタミン。

3
中 ビタミン a 妊娠 中 ビタミン a 妊娠

成分毎のサプリメントもありますが、ビタミンB群は助け合って働く性質もあるので、 ビタミンB群のミックスサプリメントがおすすめです。

中 ビタミン a 妊娠 中 ビタミン a 妊娠

サプリ1錠に比べると大した量ではなさそうですね。 注意するべきは動物性食品に含まれるレチノールのほうです。 ビタミンC・Eとも助け合って働き、他のビタミンBたちと一緒になることで最適に働きます。

中 ビタミン a 妊娠 中 ビタミン a 妊娠

またコーヒーやお茶に含まれるシュウ酸やお茶に含まれるタンニンは、鉄分の吸収を阻害する成分として知られています。 でも、赤ちゃんの体を作り上げるのに必要な鉄とカルシウムの量は、普段通りの食事では明らかに不足状態。 冠婚葬祭や長時間の外出はできるだけ控えた方がいいですよ。

1