オスマン 帝国 外伝 あらすじ シーズン 3。 オスマン帝国外伝〜愛と欲望のハレム〜

シーズン オスマン 3 外伝 あらすじ 帝国 シーズン オスマン 3 外伝 あらすじ 帝国

マニサでは、皇子ムスタファが家族を恋しがる側女ヘレナを実家へ連れていく。 大宰相イブラヒムはイタリア遠征の準備のために皇帝にエディルネ行きの許可を申し出る。 母后が後宮の頂点にいるため、諸事を取り仕切る後宮の責任者であり、宦官や女官たちをあごで使う。

1
シーズン オスマン 3 外伝 あらすじ 帝国 シーズン オスマン 3 外伝 あらすじ 帝国

無理やりにでも宰相の下へと嫁がされそうなヒュッレムは、 後宮に来て以来の最大の窮地。

1
シーズン オスマン 3 外伝 あらすじ 帝国 シーズン オスマン 3 外伝 あらすじ 帝国

教養の高い文化人でもあり、詩人「ムヒッビー」として詩作を残し、語学にも堪能で、宝石細工の趣味を持つ。 ヴァリーデは若い頃から女優になりたいと思っていたものの、人前に出るのが嫌いでおそらく自分の夢が叶うことはないだろうと考えていたらしいです。 一方、大宰相イブラヒムはフランス王の大使と面会。

シーズン オスマン 3 外伝 あらすじ 帝国 シーズン オスマン 3 外伝 あらすじ 帝国

イブラヒムはハティジェとの仲を修復しようと昔の手紙を暗唱するが…。

シーズン オスマン 3 外伝 あらすじ 帝国 シーズン オスマン 3 外伝 あらすじ 帝国

ドラマWikipedia シーズン3以降(一部ネタバレ情報あり) トルコではシーズン1が24話(1話2時間、日本では1話1時間として分割して48話)となっています。

シーズン オスマン 3 外伝 あらすじ 帝国 シーズン オスマン 3 外伝 あらすじ 帝国

イブラヒムは新しい書記官長にジェラールザーデを任命する。

15
シーズン オスマン 3 外伝 あらすじ 帝国 シーズン オスマン 3 外伝 あらすじ 帝国

化膿した胸の軽傷が痛んだため従軍医師ヤセフに治療を命じる。 奴隷出身ながら、鷹匠頭から後に大宰相の地位に上りつめて権勢を極めるが・・・。 ハレムの統治者となったヒュッレムの次なる野望は、最愛の息子メフメトを玉座に就かせること。

3
シーズン オスマン 3 外伝 あらすじ 帝国 シーズン オスマン 3 外伝 あらすじ 帝国

だが、ルメイサの決断は意外なものだった。 大宰相イブラヒムはリュステム排除を画策するが思うように事が進まない。

10