ダイハツ 新型 ミニバン。 ダイハツから2020年12月にDNGAベースの新型ミニバンがデビューするとの噂が浮上。その前は2020年春頃に登場すると断言していたが?

新型 ミニバン ダイハツ 新型 ミニバン ダイハツ

そのボディサイズは全長4200mm前後となり、現行型から少し大きくなる。

12
新型 ミニバン ダイハツ 新型 ミニバン ダイハツ

ダイハツ トール/トールカスタム• 後席にはトレイ式デッキサイドトリムポケット&ボトルホルダーを設定し、居住性も確保した。 新開発コンパクトミニバンのコンセプトは 遊び感覚を重視した内容で3列シート6人~7人乗りだと言われており、デザイン予想としては2017年東京モーターショーで発表されたDN・MULTISIXに近いクロスオーバースタイルを採用するかもしれない。 1回の充電での航続は最大330km このプロエース・バーソをベースにした新型EVが、今回欧州で発表されたプロエース・バーソ・エレクトリックだ。

新型 ミニバン ダイハツ 新型 ミニバン ダイハツ

このジャンルにはすでにシエンタとフリードが存在しているが、ダイハツ製新型ミニバンはロッキーをベースに開発されるだけに、ややSUV寄りのルックスが与えられ、それらのモデルとは異なる個性を主張する。 メーカーオプションのイルミネーションパックは、光の届きにくい足元やウォークスルー部分など室内各所にルームランプを設定し、使い勝手の向上と共に、夜のドライブを演出する。 いよいよ、ムーヴも新型に切り替わり、同じプラットフォームを採用した新型となる。

新型 ミニバン ダイハツ 新型 ミニバン ダイハツ

ダイハツ トール/トールカスタム• 2モーターハイブリッドシステム「e:HEV」は、発電用と走行用の2つのモーターを持ち、「モーターのみ」、「エンジンで発電しながら」、「エンジンのみ」を、適切に切り替えながら走行することで高効率を実現。

新型 ミニバン ダイハツ 新型 ミニバン ダイハツ

次いで、プロジェクター式LEDヘッドライトになることが考えられます。 インテリアに新世代のデジタルメーター、インフォテインメントシステムを採用• 荷室床面地上高を低く設定し、さらにバックドア開口幅を広くすることでスムーズな荷物の出し入れが可能となった。 DN MULTISIX市販型は、車両価格、ボディサイズ、パワートレイン的には、シエンタよりも下のクラスに置かれるモデルとなりそう。

2
新型 ミニバン ダイハツ 新型 ミニバン ダイハツ

1Lターボエンジンは同じパワートレインを搭載するダイハツ「ロッキー」でJC08モード値23. 全車に、出力7. かつて、軽自動車の雄として熾烈な争いを繰り広げてきたスズキとダイハツだが、舞台は軽のみにとどまらず、その存在感は日に日に増していると言っていい。

7